Bobjack theater ロゴ ボブジャックシアター

劇団員の出演舞台告知!(公演終了!)

劇団員の丸山正吾が唐ゼミの公演に出演します!丸山正吾、今年早くも2本目の舞台です。様々なジャンルの舞台で活躍する丸山を是非応援よろしくお願い致します。場所は浅草 花やしき座(花やしき内劇場)。重鎮、唐十郎氏の世界に丸山がどう存在するのか?是非是非ご覧下さい!

青頭巾

【劇団唐ゼミとは?】
横浜国立大学教授だった唐十郎のゼミナールをもとに発足した劇団。
主に青テントで唐十郎作品を上演。
代表・中野敦之。

05年、新国立劇場のプロデュースにより『盲導犬』『黒いチューリップ』を上演。その後、新東京タワー予定地(現スカイツリー建設地)、池袋西口公園、関東以外では大阪、京都、山形、北陸、さらに06年には韓国でも公演。09年10月浅草にて、蜷川幸雄演出のパルコ劇場での上演以来、再演不可能とされてきたオカマ100人芝居『下谷万年町物語』を上演し、新聞などでとりあげられた。以降、浅草を中心に公演を行なっている。11年11月には横浜にて唐十郎リサイタル、展示など四部門構成からなる、『大唐十郎展』を開催。

<劇団唐ゼミHPはこちらをクリック!>

【公演名】
第24回公演『青頭巾』

【劇場】
浅草花やしき座(花やしき内劇場)
〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1

・つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
・地下鉄銀座線、浅草線、東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分

<アクセスMAPはこちら!>
※劇場は花やしき内にございます。

【あらずじ】
場所は浅草、今日も観音さまの裏手をうろつく青年がいる。日本最古の遊園地・花やしきの前を往くこの男こそ、兄を捜す浪人生・杉作(すぎさく)。
商社のエリートである兄は、赴任先のアフリカで宝石泥棒を追いかけ、誤って現地の女を轢き殺してしまった。ザクロの実のようにはじけた女の遺体に世を儚んだ兄は、それ以来、宝石のザクロ石を隠したトランクとともに消息を絶ってしまった。それがここ浅草に現れたと聞きつけて、杉作は兄を捜しにやってきたのだった。
奇跡の宝石・ザクロ石の匂いを嗅ぎ付け、杉作の道を阻むのは浅草をたむろするペテン師たち。薄めた醤油を屋台で売りさばくテキ屋・カラス、チョンマゲ姿の見世物師・ガセ象、ドテラに荒縄姿の大女・ユリア、そして「青頭巾」の異名を持つ女詐欺師・オイチョカブ。さらにザクロ石を取り返そうと商社のエリート達も現われて・・・。
インチキ野郎たちとの死闘の果てに、杉作は兄を取り戻すことができるのか? トランクの中に隠されたザクロ石の行方は!?

【スケジュール】
・3月21日(土) 15:00
・3月22日(日) 15:00
・3月23日(月) 18:30
・3月24日(火) 15:00☆
・3月25日(水) 18:30

※開場は上記開演時間の20分前となっております。
※全席椅子席(桟敷席ではありません!)
※☆印の回は平日昼割サービス。500円引き。

【チケット】
前売/3200円 当日/3500円
※24日昼の公演は平日昼割サービス!500円引き!

ボブジャックシアター扇田賢