Bobjack theater vol.5「嵐のカーニバル」

vol.5「嵐のカーニバル」

2004年12月14日-15日 at 新宿パンプルムス

作・演出:守山カオリ

<出演>
扇田賢 / 浜倉ちゑ / 徳久葦流 / 宮井洋治
植木希実子 / 丸山正吾 / 夏花

<スタッフ>
照明: 伊藤朋美 / 音響: 小町香織 / 美術: 小林弘親
宣伝美術: カウベルファンク / メイク: 小松良光
撮影: カウベルファンク / 制作: ボブジャック商会

Photo album ↓ click!(右半分をクリックすると次に進みます)

あらすじ

お笑い芸人を志している山之口栄は、幼なじみでもあり、相方でもある湯浅(通称ニモ)とネタ作りやお笑いライブに明け暮れる日々を送っている。
そんなある日、栄の肩に骨肉腫が見つかり、助かるためには片腕を切断しなければならないと宣告される。

姉・繁の必死の説得にもかかわらず、かたくなに手術を拒む栄。
「片腕の芸人なんて笑えない」。幼い頃の体験から『人を笑わせる』ことを追い求めてきた栄にとって死にも誓い宣告…。
病院で再会した高校時代の彼女・エムコや周囲の心配をよそに、病気であることから目をそらし、来るべきライブに備える栄。しかしライブ当日、ニモがライブ出演をキャンセルしていたことが発覚する。幼い頃から栄に憧れ、心から慕ってきたニモは、栄の無茶な行動を黙って見ていられなかったのだ。

しかし、栄はそんなニモの気持ちを踏みにじるように彼をなじり、挙句に解散を言い渡してしまう。次第に孤立し、肉体的にも精神的にも衰弱してしまった栄は…。
スーパーポジティブな男が陥った、スーパーネガティブな物語。