Bobjack theater vol.6「ベイビーメイビー」

vol.6「ベイビーメイビー」

2005年5月18日-19日 at プーク人形劇場(新宿)

作・演出: 守山カオリ

出演:扇田賢 / 徳久葦流 / 宮井洋治 / 植木希実子
丸山正吾 / 夏花 / 友時健太郎 / 片岡由帆

<STAFF>
照明:伊藤朋美 / 音響:川合 綾
メイク:小松良光 / お手伝い:浜倉ちゑ
宣伝美術:グラフマニア / 撮影:カウベルファンク
制作:ボブジャック商会>

あらすじ

富士の樹海で自殺者たちのレポート番組を撮影しているクルーたち。 彼らはそこで、ある一体の白骨化した遺体を発見する。 それはクルーの一員である里中旭の中学校時代の同級生・及川朝子の変わり果てた姿だった。
しかし、旭は朝子の死を受け入れようとしない。

「及川が自殺などするはずがない」。
二人は約束したのだ。中学時代、互いに自殺を決意して上った校舎の屋上で偶然会った日、 死ぬのをやめて生きようと。 そして生きていることを確認しあうために月に一度、手紙のやり取りをすることを。
互いの存在証明のために…。

その後、クルーたちは朝子の遺族に取材を試みることになったが、樹海の一件以来、 朝子の霊が見えるようになったカメラマンの雄太に乗じて、朝子も取材に同行することになる。 無論、ほかの者にその姿は見えていない。

取材した朝子の家族は崩壊寸前だった。 浮気している夫と、その浮気相手、そしてかつて朝子をレイプしたことのある兄…。 その家族の異常な情況を目の当たりにし、また、雄太を通じて朝子の死から目をそらすことができなくなった旭は、 再び樹海へと向かうのだった・・・。

↓click!(右半分をクリックすると次に進みます)